気ままにゲームアプリ

気に入ったゲームアプリのプレイ日記です。新作や気になったゲームアプリの紹介、感想も書いてます。

【FEH】スキル継承:舞踏祭アクアのおすすめスキル3種

f:id:jazzresearch-skmt:20171003005424j:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

9/29から開催された「優雅なる舞踏祭」ガチャで登場するキャラクター、舞踏祭アクアについて、強い点と弱い点を踏まえて、スキル継承の考え方を整理していきます。

 

目次

 

舞踏祭アクアの強い点

再行動スキル「歌う」を持っている

通常のアクアと同様に、舞踏祭アクアも、行動終了した味方を行動可能にできるスキル「歌う」を持っています。「歌う」により行動を再開させることで、連続で攻撃したり、攻撃した後で敵の攻撃から避けるために遠くに逃げたり、戦術の幅を持たせることが可能です。

なお、舞踏祭アクアは、緑属性のキャラクターです。緑属性で「歌う」を持つキャラクターは今までいなかったので、貴重と言えます。 

専用武器「ウルズ」で行動を再開させたキャラクターを強化

舞踏祭アクアは、専用武器「ウルズ」を持っています。このウルズには「歌う」を使用した味方の速さと守備と魔防を+3する効果を持っています。

再行動させるだけでキャラを大幅に強化できるので、なおかつHP以外の防御面を強化できることはかなりの強みです。

なお、ウルズの攻撃が16であり、効果を除いても十分な攻撃力を持っていることに高評価です。 

魔防の大紋章で周囲の味方の魔防を強化

舞踏祭アクアは「魔防の大紋章2」を習得します。この魔防の大紋章2は、舞踏祭アクアが立っているだけで周囲2マスまでのキャラの魔防を+3することができるスキルです。

ウルズの効果と合わせると味方の魔防を+6することが可能です。

青属性に一方的に強い

舞踏祭アクアは「相性激化」を習得します。相性激化は、3すくみ有利だと攻撃+20% 3すくみ不利だと攻撃-20%とするスキルです。これにより、青属性に対しては非常に強くなるので、青属性相手ならアタッカーや壁役としても活躍できます。

 

舞踏祭アクアの弱い点 

防御面に不安がある

舞踏祭アクアは攻撃と速さは高めで、魔防もある程度ありますが、HPと守備は低めです。

攻撃は高くアタッカーとして役割を果たすことはできますが、防御面を考慮して、前に出すぎないことが重要です。

相性激化によって赤属性に弱い

相性激化の恩恵を受ける反面、赤属性に一方的に弱くなることに注意が必要です。

 

スキル継承の考え方

舞踏祭アクアは、防御面に不安があるキャラクターです。そのため、後方に構えつつ、歌うやウルズによって味方をサポートしていくことが主な行動と言えます。

したがって、歌うとウルズの効果が最大限に活かせるようなスキル構成を考えることが重要と言えます。

 

舞踏祭アクアのおすすめスキル3種

救援の行路3(パッシブB)

習得キャラクター:フレデリク、エフィ、カイン、パオラ

救援の行路3は、HP50%以下の味方の隣接マスへ移動することができるスキルです。

舞踏アクアの歌う、ウルズによる味方のサポート力を最大限に生かすには、舞踏アクアがピンチの味方のそばに素早く移動することが必要となります。

救援の行路3を習得していれば、それが可能となるため、ぜひスキル継承したいスキルと言えます。 

遠距離反撃(パッシブA)

習得キャラクター:ヘクトル漆黒の騎士

遠距離反撃は、「敵から攻撃された時、距離に関係なく反撃する」ことができます。

舞踏祭アクアは、遠距離で歌うによるサポートを行うことが主な行動となります。そのため、遠距離から攻撃されることが多くなります。

この対策として、遠距離反撃を持っていれば、相手もうかつに攻撃できにくくなることが考えられます。 

月光(奥義スキル)

習得キャラクター:アイク、ルキナ、フレデリク、カチュアなど

月光は、敵の守備と魔防を50%扱いにして攻撃できる奥義です。この奥義の特徴としては、カウントが3と少ないことです。

舞踏祭アクアは、歌うによる味方の支援が主な行動です。そのため、敵と接触して戦うことが比較的に少ないキャラクターです。

そのため、発動カウントが少ない奥義をスキル継承することをおすすめします。なお、発動カウントが少ないスキルには、月光のほかにも竜裂や氷蒼があります。習得ておきたいスキルの効果を見て選ぶのもよいです。

→竜裂(攻撃を+30%)

→氷蒼(魔防の50%をダメージに加算)

 

以上です。ご参考までに。

過去記事に他キャラクターのスキル継承にいてまとめています。下記リンクよりどうぞ。

makiogames.hatenablog.com