気ままにゲームアプリ

気に入ったゲームアプリのプレイ日記です。新作や気になったゲームアプリの紹介、感想も書いてます。

【FEH】スキル継承:エリンシアのおすすめスキル3種

f:id:jazzresearch-skmt:20170917230554j:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

今回は、クリミア王国ガチャで新たに登場したキャラクター「エリンシア」のスキル継承について、エリンシアの強い点、弱い点を踏まえて考え方を整理していきます。

 

目次

 

エリンシアの強い点 

専用武器「アミーテ」による2回攻撃

エリンシアの専用武器スキル「アミーテ」は、自分から攻撃した時に2回攻撃を行います。

エリンシアは、鬼神の一撃を習得するため、アミーテと合わせることで高い攻撃力を発揮することができます。また、攻め立て3をスキル継承させれば、4回攻撃が可能となります。

なお、アミーテのデメリットとしては、攻撃後に自分の速さが-2となることがあります。ですが、エリンシアの速さは元々36(☆5レベル40時)であるため、全キャラ中でも高い値です。そのため、このデメリットは気にならないと思います。

編隊飛行による飛行キャラクターの速さアップ

 

エリンシアが習得するスキル「編隊飛行」(パッシブスキルB)は、周囲2マスにいる味方の飛行キャラクターを最大3マス移動させることができます。

飛行キャラクターとチームを組んでいれば、素早く前線を上げることが可能となります。

 

エリンシアの弱い点

HPの低さ

エリンシアは、HPが35(☆5レベル40時)であり、守備も24(☆5レベル40時)しかなく、耐久力がかなり低いです。そのため、遠方から物理攻撃をしてくる弓キャラクターには注意が必要です。

飛行キャラクターとのチーム編成が必須

エリンシアの強い点の一つは、編隊飛行による飛行キャラクターのサポートです。チーム内に飛行キャラクターがいないのであれば、エリンシアの強みが一つ減ります。そのため、エリンシアをチームに入れる場合は、飛行キャラクターもセットと考える必要がるため、チーム構成に偏りが出るかもしれません。

 

スキル継承の考え方

エリンシアの強い点は、アミーテによる2回攻撃と、編隊飛行による飛行キャラクターとの相性の良さ、この2つです。エリンシアのステータスを見ると、速さが高めであること以外は、あまり特筆することがありません。

そのため、エリンシアの戦いは、速さを活かしてできる限り前線に出て飛行キャラクターを援護するか、2回攻撃を当てていくかの2つになります。

以上より、エリンシアは、強い点をさらに強化するスキルを継承することが重要と言えます。

 

エリンシアのおすすめスキル継承3種類

以上より、エリンシアのおすすめスキル継承を以下に示します。 

攻め立て3(パッシブスキルB)

習得キャラター:シャニー、カレル、メイ、ナバールなど

攻め立て3は、自分のHPが75%以下で自分から攻撃した時、追撃可能なら自分の攻撃の直後に追撃を行うスキルです。

上記「エリンシアの強い点」での説明でも書いた通り、攻め立てをスキル継承することで、武器スキル「アミーテ」の2回攻撃と合わせて4回攻撃が可能となります。エリンシアの強い点をさらに生かすためにも、必須と言えるスキルです。

しかし、攻め立てを覚えさせると、同じパッシブスキルBである編隊飛行を外すことになります。攻め立てと編隊飛行、どちらを習得させるかは、チーム構成を踏まえてよく考える必要があります。

疾風迅雷(奥義スキル)

 

習得キャラクター:リン、ティアモ、総選挙ロイ

疾風迅雷は、自分から攻撃した時、戦闘後、自分を行動可能にする効果を持ちます。疾風迅雷の効果は、アミーテと攻め立てを習得していれば、攻撃回数増加という恩恵がさらに得られることになります。

発動カウントが5であることが気になりますが、攻撃回数をアミーテと攻め立てで増やしていれば、十分カバーできています。

飛刃の紋章(パッシブスキルC)

 

習得キャラクター: パオラ

飛刃の紋章は、周囲2マスの味方飛行キャラクターの攻撃と速さを+4とするスキルです。エリンシアは飛行キャラクターとチームを組むことで強みを発揮します。その強みをさらに強化する意味で、飛刃の紋章は有効なスキルと言えます。

ただし、習得するキャラクターがパオラのみであるため、スキル継承にはかなり労力が必要です。

 

以上です。ご参考までに。

 

なお、スキル継承の考え方を過去記事に書いています。

他キャラのスキル継承についても書いているので、こちらも参考にどうぞ。

makiogames.hatenablog.com