気ままにゲームアプリ

気に入ったゲームアプリのプレイ日記です。新作や気になったゲームアプリの紹介、感想も書いてます。

【FEH】スキル継承:ルキナのおすすめスキル

f:id:jazzresearch-skmt:20170330000627j:plain

ファイアーエンブレムヒーローズのキャラクター「ルキナ」のスキル継承についてまとめてみました。

まずは、ルキナの強い点と弱い点を踏まえてた上で、スキル継承の考え方を整理します。そして、スキル継承のオススメを紹介します。

 

目次

 

ルキナの強い点

ファルシオン」による竜特攻

ルキナは武器スキル「ファルシオン」を習得することができます。ファルシオンは、竜特攻を持っているため、「チキ」や「ノノ」などのマクムートに有効なスキルです。マクムートは総合的にステータスが高く、他キャラクターでは苦戦を強いられることが多いですが、ルキナの「ファルシオン」があれば優位に立てます。

また、ファルシオンは、3ターンに1度、HPを10回復することができるので、前線で長く戦うことが可能となります。

相手の防御を下げて攻撃が可能

ルキナの奥義スキル「月光」「天空」は「相手の防御、魔防を-50%扱いで攻撃」という効果を持ち、相手を弱体して攻撃することが可能です。

「天空」の場合、防御、魔防を-50%した上で、さらに与えたダメージの50%分、自分のHPを回復することができます。ただし、発動カウントが5であり、スキルの回転が遅いため、発動カウントが3で済む「月光」の方が有効な場面があります。状況によっての使い分けが重要となります。

攻撃と速さに特化したスキルとステータス

ルキナは、レベル上昇とともに、攻撃と速さがとても高くなり、優秀なアタッカーに育てることが可能です。

ルキナは、パッシブスキル「速さの覚醒」を習得することができるため、HP50%以下の状況で、速さが最大で7増加させることが可能です。そして、奥義スキル「月光」「天空」による防御、魔防-50%も加われば、攻撃と速さにとても特化したキャラクターに育ちます。

 

ルキナの弱い点

守備と魔防が低いことが弱みです。そのため、攻撃力の高いマクムートのチキやノノを相手にする場合、立ち回りを誤って先手を取られてしまうと、逆に倒されてしまう場合があります。ファルオンを持っているからと言って、過信は禁物と言えます。

 

スキル継承の考察

ルキナは、攻撃と速さに特化したキャラクターです。ルキナの弱い点は、防御が弱いことですが、攻撃と速さの高さにより先手を取ることで、攻撃を受けにくくすることでフォロー可能と考えます。そして、ルキナファルシオンによる回復もあります。

そのため、攻撃と速さ、回復能力を伸ばすようなスキルを継承して、長所を伸ばすことが重要と考えられます。

 

スキル継承のおすすめ

以上を踏まえると、ルキナでのスキル継承のおすすめは次の通りです。

飛燕の一撃(パッシブスキル)

 習得キャラクター:サーリャ、カミラ、レベッカ、シーダ、フロリーナ

飛燕の一撃は、自分から攻撃した時、戦闘中の速さを+6とすることができます。

元々速さの高いルキナが、飛燕の一撃を習得すれば追撃できる範囲がさらに広がり、驚異的なキャラクターとなります。

攻め立て(パッシブスキル)

 習得キャラクター:シャニー、カレル

攻め立ては、自分のHPが75%以下で、自分から攻撃した時、追撃可能なら自分の攻撃の直後に追撃を行うことができます。

ルキナは速さが高いため、攻め立てによる追撃が広範囲に及ばせることができます。

回復3(パッシブスキル)

 習得キャラクター:ファ

ルキナは、ファルシオンによる回復がありますが、回復3をつけることによって、さらに回復能力を高めることができます。これにより、味方の援護に頼らなくても行動ができるため、戦術の幅を広げることができます。

獅子奮迅(パッシブスキル)

 習得キャラクター:ヒナタ、バアトル、エルトシャン、ジェイガン

回復能力を活かしたスキルとしては、獅子奮迅が挙げられます。獅子奮迅は、攻撃、速さ、守備、魔防をそれぞれ+3する代わりに、戦闘後自分に6ダメージを受けてしまいます。獅子奮迅によるダメージを回復で緩和しながら、強化したステータスで敵を圧倒できます

 

以上です。ご参考までに。

 

スキル継承の考え方について、過去記事にまとめています。

他キャラのスキル継承についても書いているので、こちらも参考にどうぞ。

makiogames.hatenablog.com