気ままにゲームアプリ

気に入ったゲームアプリのプレイ日記です。新作や気になったゲームアプリの紹介、感想もしてます。

【FEH】スキル継承:タクミを強化するスキル

f:id:jazzresearch-skmt:20170327232130p:plain

ファイアーエンブレムでは、スキル継承が可能となったことで、キャラクターの育成方法が無限に広がりました。

そのため、キャラクターをどのように強化すべきか、スキル継承についてよく考察しておくことが重要となります。

 

今回は、スキル継承が可能となる前から最強キャラクターのひとりであり、使用人口も多いであろう、「タクミ」のスキル継承について考えてみます。

 

目次

 

タクミの長所と欠点

まずは、スキル継承をしていない状態のタクミについてまとめてみます。

 

タクミの長所

タクミの長所はやはり「攻めの強さ」だと思います。なぜなら、攻撃力自体が高いのもありますが、次のスキルを習得できることが大きな要因です。

速さの威嚇により、敵の素早さを下げる

タクミは、パッシブスキル「速さの威嚇」により、ターン開始時に周囲2マスの敵の素早さを下げることが可能です。これにより、味方が追撃を食らいにくくなり、チーム全体を延命することができます。また、逆に逃げようとする敵を逃がしにくくすることが可能です。

近距離反撃により全距離攻撃可能

通常、弓兵であれば、近距離への攻撃ができないため、剣士や槍、斧などの近距離武器に攻撃をされた場合、反撃が出来ません。しかし、タクミの場合は、パッシブスキル「近距離反撃」は、剣や槍の敵に対しても反撃できるようになります。もともと攻撃力の高いタクミの反撃は、相手にとっても非常に痛手になります。

飛行特攻を持つ武器スキル

タクミは武器スキルに飛行特攻がついています。弓兵であるタクミは遠距離に攻撃が可能であり、うまく位置取りすることで、行動範囲の広い飛行相手にも先手を取ることもできます。そして、飛行特攻により大ダメージを与えることができます。通常、飛行を持つ相手がいると、地形を無視して接近され、一方的に攻撃されてしまいます。タクミがいることで、飛行を持つ敵がチームをかき乱す前に倒すことが可能です。

 

タクミの欠点

防御が低く、敵の攻撃により大ダメージを受けやすいため、壁役としては絶対に使えないです。また、歩兵であるため移動できる距離が少なく、敵の攻撃範囲を意識した立ち回りに神経を使うキャラクターです。

 

 

タクミのスキル継承おすすめ

スキル継承により、タクミの長所を伸ばすか、欠点を補うかにより考え方が分かれます。スキル継承の目的はやはりキャラクターの強化です。

タクミにおいては、個人的に、長所を伸ばすことをオススメします。

タクミの欠点は、チーム内の他キャラクターに壁役もしくは回復役を入れること、位置移動ができるキャラクターを入れることによって、補うことが可能です。しかし、タクミの長所である「攻めの強さ」は、タクミでしか発揮できない強さです。

以上を踏まえて、タクミの長所を伸ばし、強化することができる、スキル継承のおすすめスキルを紹介します。

 

待ち伏せ(パッシブスキル)

習得キャラ:アンナ、ゴードン、ラインハルト、ロンクー

自分のHPが75%以下で、敵から攻撃された時、先制攻撃するスキルです。

タクミは近距離反撃を持ち、全ての敵に対して反撃することができます。よって、待ち伏せを継承すれば敵から攻撃されたときに全て先制を仕返すことができ、タクミの攻めの強さを強化できます。タクミの高い攻撃力で先制攻撃することで、チーム全体の生存率を上げることができます。

 

切り返し(パッシブスキル)

習得キャラ:クレイン、ツバキ、レオン、マークス

自分のHPが70%以上で、敵から攻撃された時に追撃するスキルです。

おすすめの理由としては、上記の「待ち伏せ」と同じですが、唯一違うところと言えば、切り替えは自分のHPが高い時に発動するスキルです。

攻撃を食らった後、タクミはHPがかなり減った状態でいることになります。このHPが減った状態で、奥義スキル「雪辱」「復讐」を使えば、敵に大ダメージを与えることが可能です。なお、「雪辱」「復讐」は、自分のHP減り分の30%、50%をダメージに加算させるスキルです。

 

月虹(奥義スキル)

習得キャラ:エフラム、オーディン、パオラ

タクミが習得する奥義スキル「雪辱」「復讐」は、カウント3で発動する奥義です。

タクミは、全距離攻撃可能なため、比較的に奥義カウントの溜まりが速いキャラクターです。そのため、カウントが少ない奥義に変えて、頻繁に奥義を発動させることも一つの戦法です。

奥義のおすすめとしては、「月虹」があります。月紅は奥義カウントが2であり、相手の守備を-30%計算で攻撃でき、高火力な攻撃が可能な優秀な奥義です。

 

以上です。ご参考までに。

 

過去記事に、スキル継承の考え方をまとめています。

他キャラのスキル継承についても書いているので、こちらも参考にどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

 

【FEH】大英雄戦ミシェイルの対策まとめ

 ファイアーエムブレムヒーローズでは、3月24日から開催される大英雄戦「ミシェイル」の先行公開が行われました。

先行公開による情報を基に、大英雄戦ミシェイルの攻略・対策をまとめてみます。

 

目次 

 

ミシェイルの戦力

ステータス

 

HP        60

攻撃       51

速さ       27

守備       36

魔防       19

奥義スキル「烈雷」

奥義カウント:4

効果:自分から攻撃した時、特定範囲の敵に(自分の攻撃-敵の守備or魔防)×1.5倍のダメージ

パッシブスキル

アイオテの盾

 特効無効

守備の威嚇

 3 ターン開始時、周囲2マスの敵の守備-5(敵の次回行動終了まで)

 

 

マップ・敵の配置

f:id:jazzresearch-skmt:20170321003206p:plain

マップの中央にミシェイルがいます。ミシェイルの近くにはソードペガサスとランスペガサスが配置されています。ミシェイルの周囲が山と壁によって囲まれているため、ミシェイルに近づくには山を迂回するか、飛行キャラで山を越えていく必要があります。なお、山を迂回するルートにはソードナイトとランスファイターが配置されています。

 

ミシェイル戦対策

対策1:有利な配置づくり

マップ中央にいる敵は、危険範囲に入ることで攻撃を仕掛けてきます。マップ中央にいる敵は飛行タイプであり、山を越えてきます。

そのため、危険範囲に入る前に味方を有利な配置になるように準備しましょう。

この時、味方に飛行キャラを連れて行けば山越えをできるため、敵の注意をひきつける動き方ができるため、その間に味方の有利な配置づくりや弓や魔法で攻撃することができます。

対策2:引き込みに注意

ランスペガサスとソードペガサスは、「引き込み」を持っています。「引き込み」によって、敵に攻撃されると、敵の前に移動させられてしまいます。対策としては、ランスペガサスとソードペガサスの守備・魔防が非常に高いので、引き込みをされる前に弓で倒してしまうことがおすすめです。なお、ミシェイルに対しては「アイオテの盾」によって弓の特攻が無効になることに注意が必要です。

対策3:ミシェイルを先に倒す

ミシェイルの奥義スキル「列雷」により攻撃されると、広範囲に大ダメージを与えてきます。

奥義スキル「列雷」は、4カウントによって発動します。味方にサーリャがいれば、スキル「ラウアブレード」により、列雷の発動を引き延ばすことが可能です。

その間に、ミシェイルを先に倒すことが重要です。ミシェイルは魔防が低いため、赤魔のキャラで優先的に攻撃することが有効です。

 

以上です。ご参考までに。

【FEH】スキル継承による最強キャラクターの育成

スキル継承とは、キャラクターが持っているスキルを、別のキャラクターに引き渡すことができます。好きなキャラクターに好きなスキルを付けることができ、独自のキャラクター作りができるだけでなく、戦略の幅も広げることができます。

つまり、スキル継承をうまく使って、自分だけのオリジナル最強キャラクターを育成することができます。

 

スキル継承の仕様やおすすめスキルをまとめてみます。

 

目次

 

スキル継承仕様

  1. 一人の英雄から一度に3つまでスキルを引き継げる
  2.  段階を踏まなければならないスキルは、前段階のスキルも習得する必要がある例えば、攻撃の覚醒3を引き継ぐ場合、攻撃の覚醒1、攻撃の覚醒2を習得する必要がある。
  3. レア度によって引き継げないスキルがある。例えば、☆5で覚えられるスキルを星4のキャラクターは引き継げない。
  4. 武器や属性、攻撃射程によって引き継げないスキルもある。例えば、武器スキルのファルシオンは、マルスルキナ、クロムしか覚えることができない。また、「歌う」「踊る」は引き継げない。
  5. 引き継いだスキルは未習得状態であるため、別途SPが必要となる。
  6. スキルを渡した側のキャラクターは消滅する

 

おすすめの武器スキル

勇者の武器

持っているキャラクター:レイヴァン、オグマ、ティアモなど

速さが下がってしまうもの、先制攻撃で2回確定できるのは強みです。速さがさらに高いキャラは追撃もかのうなため汎用性、殲滅力ともにおすすめであると言えます。

相性激化装備

持っているキャラクター:ヒナタ、ハロルド、ツバキなど

武器スキルで相性激化の効果をもつため、パッシブスキルの枠が一つ空きます。

特攻系装備

持っているキャラクター:ルーナ、フレデリク、フロリーナなど

アーマーキラーやハンマーなどの特攻系装備は一部クエストで非常に役に立ちます。

 

おすすめパッシブスキル

反撃強化・妨害系、特効無効系のスキルがおすすめだと思います。

攻撃封じ

持っているキャラクター:カチュア、ジョルジュ

敵の攻撃力を下げることができるので、味方の被弾時のダメージを抑えることができる。

守備封じ

持っているキャラクター:ロイ、エフラム、オボロ

敵の守備を下げれるため、味方全体の物理攻撃のダメージが上がる

魔防封じ

持っているキャラクター:レイ、女カムイ

敵の魔防が下げれるため、味方全体の魔法攻撃のダメージが跳ね上がる。

救援の行路

持っているキャラクター:カイン、パオラ、フレデリク

HPが残り少なくなったキャラクターの隣接マスに移動することができる。回復役のキャラクターにつけることで、味方の幅広い支援が可能。

離脱の行路

持っているキャラクター:マルス、セシリア

自分のHPが少なくなったときに、味方の隣接マスに移動することが可能。ダメージを受けやすい盾役や前衛につけるとよい。

回復

持っているキャラクター:ファリズ、ジョーカー

「回復3」に成ると2ターンにHPを回復することができるため、盾役や前衛に恩恵がある。

待ち伏せ

持っているキャラクター:ゴードン、ラインハルト、ロンクー、アンナ

自分のHPが75%以下で、敵から攻撃された時、先制攻撃 

攻め立て

持っているキャラクター:ナバール、ジャニー、カレル

自分のHPが75%以下で、自分から攻撃した時、追撃可能なら自分の攻撃の直後に追撃を行う

切り返し

持っているキャラクター:クレイン、ツバキ、マークス、レオン

自分のHPが70%以上で、敵から攻撃された時、絶対追撃

鬼神の一撃

持っているキャラクター:エルフィ、ホークアイなど

速さが高いキャラや一撃力が高いキャラに装備させると殲滅力が非常に高くなる。

飛燕の一撃

持っているキャラクター:フロリーナ、サーリャなど

勇者の装備や、素早さが少し低いキャラクターを補う目的、高い速さをさらに伸ばす目的で選択するとよい。

近距離反撃

持っているキャラクター:タクミ

敵から攻撃された時、距離に関係なく反撃する

遠距離反撃

持っているキャラクター:ヘクトル

敵から攻撃された時、距離に関係なく反撃する

 

SPの確保

スキル継承には多くのSPを必要とするため、効率的にSPを集めておく必要があります。

SPはキャラのレベルを上げると大量に入手できます。キャラの経験値は「修練の塔」をクリアすると多く獲得できます。

限界突破を行うと、能力値の上昇だけでなくSPも獲得できます。

 

以上です。ご参考までに。

 

キャラクター別のスキル継承についてもまとめています。

こちらもご参考までにどうぞ

makiogames.hatenablog.com

makiogames.hatenablog.com

makiogames.hatenablog.com

makiogames.hatenablog.com

makiogames.hatenablog.com

makiogames.hatenablog.com

makiogames.hatenablog.com

 

【FEH】ニニアンの強さまとめ

f:id:jazzresearch-skmt:20170315235654j:plain

ファイアーエムブレムヒーローズでは、新キャラクターが追加されました。追加されたキャラクターの一人、ニニアンを紹介します。

 

ニニアンは、追加されてからすぐにその強さが評価され、リセマラでもランキング上位に位置づけられたほど優秀なキャラクターです。

ニニアンの強い点、弱い点、基本的なステータスを整理して、ニニアンの強さをまとめてみます。

 

目次

 

強い点

再行動スキル「踊る」

ニニアンは、味方を再度行動可能な状態にできる「踊る」を持っています。再行動系のスキルをもつキャラクターは、アクアやオリヴィエに続いて、ニニアンで3人だけであり、かなり希少な存在です。

「踊る」は、対象のキャラを再行動可能にする強力なスキルで、様々な場面で活躍することが出来ます。強力な味方の行動を一回増やすことや、レベル上げをしたいキャラクターの行動を増やすことも可能となり、様々な場面で活用できるスキルです。

光のブレスによる味方の強化

ニニアンは「光のブレス+」を使って周囲1マスの味方の守備、魔防を強化することができます。

竜盾の鼓舞によるマムクート強化

ニニアンは固有スキルの「竜盾の鼓舞」を持ちます。周囲1マスの味方竜を対象に、ニノやノノのように強力なマムクートの防御をさらに固められる点で戦術の幅が広がります。 

位置調整により前線から離脱可能

ニニアンは位置を調整するスキル「離脱の行路」を持っています。

踊るを活用していくには前衛に付いていかなければならず、ダメージを貰う事も多くなりがちですが、HP減少で退避可能なパッシブスキルを備えているので生き残りやすく、合わせて使いやすいキャラに仕上がっています。

 

弱い点

ファルシオンに注意

ニニアンの武器種は竜石なので、竜特効を持つ武器スキル「ファルシオン」を習得したキャラには注意が必要です。ファルシオン持ちには、クロムやマルスルキナがいます。いずれも強いキャラクターなため、攻撃されるとほとんど打ち負けてしまいます。

ピンチの時は「離脱の行路」で距離を取る等、逃げることも考えておきましょう。

ステータスが低め

支援系キャラクターなので他キャラクターに比べてステータスが低くく、敵の攻撃により大ダメージを受けやすいです。支援系スキルの範囲が狭いため、前衛を支援するために前線に出るときは注意が必要です。

 

基本的なステータスやスキル

ステータス

初期目安

 HP     16

 攻撃    18

 速さ    7

 守備    6

 魔防    5

星5最大

 HP     42

 攻撃    37

 速さ    33

 守備    23

 魔防    27

 

サポートスキル

踊る 【射程:1】

 対象を行動可能な状態にする。「歌う」「踊る」を持つ対象には使用できない

 

パッシブスキル

離脱の行路1 【Bに設置】

 自分のHPが30%以下の時、味方の隣接マスへ移動可能

離脱の行路2 【Bに設置】

 自分のHPが40%以下の時、味方の隣接マスへ移動可能

守備の鼓舞1 【Cに設置】

 ターン開始後、周囲1マスの味方の守備+2(1ターン)

守備の鼓舞2 【Cに設置】

 ターン開始後、周囲1マスの味方の守備+3(1ターン)

竜盾の鼓舞 【Cに設置】

 ターン開始時、周囲1マスの味方竜の守備、魔防+6

 

武器スキル

火のブレス 【威力:6 射程:1】

火炎のブレス 【威力:8 射程:1】

光のブレス 【威力:9 射程:1】

 自分から攻撃した時、戦闘後、自分の周囲1マスの味方の守備、魔防+4(1ターン)

光のブレス+ 【威力:13 射程:1】

 自分から攻撃した時、戦闘後、自分の周囲1マスの味方の守備、魔防+4(1ターン)

 

ニニアンの強さまとめ

ニニアンの強さは、やはり再行動付与のでき、味方の守備と魔防を上昇させることができる、パーティの支援が可能なキャラクタなことです。そして、ピンチの際には「離脱の行路」で敵との距離を取ることもでき、立ち回りの幅も持たせることがその強さを際立たせています。

 

追記:2017.4.14

ニニアンのスキル継承についてまとめました。こちらも参考にどうぞ

makiogames.hatenablog.com

 

以上です。ご参考までに。

【SOA】ディアスの強さをまとめてみた

f:id:jazzresearch-skmt:20170314015950p:plain

スターオーシャンアナムネシスで、ディアスは、唯一のエースディフェンダー「ディアス」についてまとめてみました。

 

目次

 

ステータス関係

タレント(進化後)

エクスペルの剣豪

 DEF+20% 被ダメージ-20%(全体)

孤高の剣技

 ATK+30% DEF+20%

セシルへの誓い

 HP25%以下の被ダメージで怯まない(全近距離武器装備者)

好敵手との出会い

 与ダメージ+20%(全アタッカー全ディフェンダー

 

バトルスキル

空破斬・崩(消費AP:20)

双破斬(消費AP:20)

吼竜破(消費AP:29)

羅刹刃(消費AP:29)

 

ラッシュコンボ

夢幻

 流れるような動作で連続攻撃を叩き込む

 消費AP-50%(20秒間)

 威力ATK×3500%

 

強い点

ディフェンダーでありながら、ATKが高く、ラッシュの威力も3500%ある、攻撃力のあるキャラクターです。ラッシュ攻撃後は、消費APを-50%となり、スキルを連発できるようになります。スキルの「空破斬」は打てばほぼ当たるので、連発できれば強力です。

また、タレント「好敵手との出会い」で、アタッカーとディフェンダーの与ダメージを+20%することができます。

 

タレントで「エクスペルの剣豪」により、全体のDEF+20%、被ダメ-20%とすることができ、また、「セシルへの誓い」により、HP25%以下のダメージに怯まなくすることが可能です。元々、ディフェンダーなのでHPとDEFが高い中で、さらにタレントの効果を上乗せできるため、かなりDEFの固いキャラクターです。

 

弱い点

ディフェンダーでありながら、ヘイトを集めるタレントを持っていないため、味方の盾役としての役割を果たしにくいと言えます。

また、タレントによっては、フォロー対象がアタッカーとディフェンダーである物もあるため、チーム編成に少し注意が必要です。

 

まとめ

ディフェンダーなので、防御力はもちろん、攻撃力を兼ね備えた万能キャラクターと言えます。唯一の弱みである「ヘイトを集めにくい」ことも、その高い防御力を活かして、味方の先頭を切って、敵を攻撃していくことでフォローも可能です。

以上より、ディアスは、アタッカーとチームを組んで、近接戦闘を挑む場合に、かなり重要な役割を果たすことができると思います。

 

以上です。ご参考までに。

【SOA】アルベルの強さについて

f:id:jazzresearch-skmt:20170312013726p:plain

スターオーシャンアナムネシスでは、新キャラクターが追加されました。

追加された新キャラクターの一人、アルベルについてまとめてみます。

 

目次

 

バトルスキル

魔掌壁(消費AP:20)

魔光閃(消費AP:32)

無限双破斬(消費AP:30)

無限空破斬(消費AP:21)

 

タレント

歪みの眼光

 DEF-30%(敵全体)

漆黒の号令

 ATK+30%(全アタッカー全ディフェンダー

無慈悲の刃

 単体の敵への攻撃ヒット時に与ダメージ+20%

早業の薄衣

 消費AP-20%

 

ラッシュコンボ

六頭吼竜破

 前方に6体の竜を発生させて敵に襲いかからせる

 ATK+100% DEF-50%(15秒間)

 威力 ATK×4000%

 

強い点

攻撃特化のタレント構成

タレントで敵のDEFを下げながら、アタッカーとディフェンダーのATKを上げることができます。更に、自分の攻撃を+20%にすることも可能です。相手への攻撃に特化したタレント構成です。

 

アルベル独自スキル

「無限双破斬」と「無限空破斬」はAPが尽きるまで連発できます。

しかも、タレント「早業の薄衣」で消費AP-20%となるため、かなり長い連続攻撃が可能です。

 

ラッシュコンボ後の攻撃力が大幅上昇

ラッシュコンボの追加効果でATKを100%アップすることができます。ラッシュ溜めは双破斬の連発がおすすめです。ヒット数稼いであるなら空破斬でも十分溜まります。

 

弱い点

ラッシュコンボでATKを上げると同時にDEFが-50%になります。上手く立ち回らなければ被ダメですぐに倒れてしまいます。

 

まとめ

アルベルは、攻撃に特化しすぎるキャラクターです。ただし、動きもあまり俊敏ではなく、紙装甲なため、これを補うスキル(味方のDEFアップ)を持ったキャラクターやディフェンダー、ヒーラーをチームに加えて、フォローする必要があります。

敵の攻撃をほとんど回避できるほどのプレイヤースキルを持っているなら、使ってみてもいいのではないでしょうか。

 

以上です。ご参考までに

【SOA】ミカエルとの戦い方をまとめてみた

スターオーシャンアナムネシスでは、新イベントが始まり、ついにミカエルとの戦いが始まりました。

ミカエルとの戦い方について、まとめてみました。

 

目次

 

ミカエルの攻撃パターン

焼却モード           パーティ全体の炎属性-80%

スピキュール     上空から広範囲に炎属性攻撃

ボルケーノ          下から炎属性攻撃

シューティングフレア      追尾性のある火の玉を発射する攻撃

プロミネンスフレア          火の輪を発射する攻撃

※戦闘時間が8分経過すると殲滅モードとなる

 

対策1 クリティカルを狙う

ミカエルは防御力が高いため、普通に攻撃では効果的にダメージを与えられません。クリティカルを狙って大ダメージを狙いましょう。

クリティカルを狙う方法としては、クリティカル攻撃に特化したキャラクターを使うことが一番です。例えば、フィア、マリア、アンヌ、ミリーなどです。

 

対策2 氷属性で攻撃する

ミカエルは氷属性が弱点です。普通の攻撃ではなく、氷属性をつけるようにしましょう。

氷属性での攻撃ができるキャラクターや、氷属性の武器を持つキャラクターで攻撃しましょう。例えば、

フィア(武器:サーペントエッジまたは、護身刀竜穿)

マリア(武器:フローズンブラスター)

ミュリア(バトルスキル:ディープフリーズ、フリージング・インパクト)

などです。

 

対策3 DEFを高める

ミカエルは攻撃力が高いので、DEF UPや被ダメdownのタレントを持っているキャラを編成しましょう。

 

対策4 スピキュール対策

高く飛び上がった後、広範囲に炎属性攻撃をしてきます。さらに、焼却モードによって、火属性耐性を-80%としてくるため、かなり厄介です。

対策としては、次の3つがあります。

ラッシュコンボを使う

高く飛び上がるモーションを見せたら、ラッシュコンボを使用するなどで、スピキュールを使わせないようにします。

棒立ちガード

GRDが高いキャラクターであれば、真正面を向いて、棒立ちガードをすることで防ぐことも可能なようです。(難しいので、あまりお勧めではないです)

着弾をフリック回避

スピキュールの着弾する瞬間をフリック回避すれば、吹き飛ばされずに済みます。ただし、着弾後の爆風で、着弾後の小さなダメージは受けてしまいます。(これも難しいので、あまりお勧めではないです)

 

対策5 ディフェンダーを入れる

スピキュールがロングレンジ技です。距離をとって戦うシューターがターゲットとなった場合、スピキュール出されてしまいますが、近距離で戦うディフェンがターゲットとなり続ければ、スピキュールの回数は減ります。

また、ディフェンダーがターゲットとなっている間は、ミカエルがあまり動き回らないため、他の氷魔法などが当てやすいといったメリットがあります。

 

 以上です。

スターオーシャン2の時みたいに猛威は振るっていないようですが、ある程度は戦い方がわかっていないと、きついようですね。

参考までに見てください。