気ままにゲームアプリ

気に入ったゲームアプリのプレイ日記です。新作や気になったゲームアプリの紹介、感想も書いてます。

【FEH】スキル継承:舞踏祭アズールのおすすめスキル4種

f:id:jazzresearch-skmt:20171006005956p:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

9/29から開催された「優雅なる舞踏祭」ガチャで登場するキャラクター、舞踏祭アズールについて、強い点と弱い点を踏まえて、スキル継承の考え方を整理していきます。

 

目次

 

舞踏祭アズールの強い点 

 「踊る」で味方を再行動させることができる

舞踏祭アズールは、行動終了した味方を行動可能にできるスキル「踊る」を持っています。。「歌う」により行動を再開させることで、連続で攻撃したり、攻撃した後で敵の攻撃から避けるために遠くに逃げたり、戦術の幅を持たせることが可能です。

なお、舞踏祭アズールは、緑属性のキャラクターです。緑属性で「歌う」を持つキャラクターは今までいなかったので、舞踏祭アクアと並んで、貴重と言えます。 

「疾風の舞」「攻撃の鼓舞」で再行動させた味方の攻撃能力を強化

舞踏祭アズールは、「疾風の舞い」を習得します。このスキルは、再行動使用時に味方の速さを+4することができます。

また、攻撃の鼓舞」も習得することができます。このスキルは、最大で味方の攻撃、速さを+4できます。

舞踏祭アズールは、「歌う」によって再行動させた味方の攻撃能力を大きく上昇させることが、他の「歌う」を習得するキャラクターと比べての強みと言えます。

ヒーラーとしてチームを支援ができる

舞踏祭アズールが習得する「舞踏祭の輪」は、自分から攻撃した後に、周囲1マスの味方を7回復する効果があります。

したがって、舞踏祭アズールはヒーラー兼再行動役という、2つの役割を持つキャラクターです。

 

舞踏祭アズールの弱い点 

ステータスが低め

舞踏祭アズールのステータス合計値は、全キャラクター中、下から数えて10位以内という低い数値です。

速さだけが、全キャラクターと比較して中の上程度なので、よく戦況を見極めて立ち回る必要があります。

 

スキル継承の考え方 

舞踏祭アズールは、①攻撃能力が引くため自ら倒しにいけない、②守備能力が低いため倒されやすい、という2つの弱点があります。そのため、スキル継承では、この2つの弱点のどちらかを補うことを考える必要があります。

なお、守備面を強化するスキルは多くありますが、HP、守備、魔防すべてをフォローをするようなスキル構成を考えるのは難しいです。

したがって、攻撃面の強化を考えたスキル継承をおすすめします。

 

舞踏祭アズールのおすすめスキル継承4種 

以上を踏まえて、舞踏祭アズールのおすすめスキル継承を以下に示します。 

グルンブレード(武器スキル)

習得キャラクター:ニノ

グルンブレードは、緑魔法武器であり、自分が受けている強化の合計値を攻撃に加算する効果を持つ武器スキルです。

舞踏祭アズールは、歌うによるサポートが強力ですが、ステータスの低さが弱みです。この弱みをフォローするひとつの案としては、緑魔法武器であるグルンブレードをスキル継承し、攻撃能力を上げることが挙げられます。

ただし、奥義の発動カウント+1されてしまうので、発動しやすい奥義を継承しておくなどの対応が必要です。 

グルンレイヴン(武器スキル)

習得キャラクター:セシリア

緑魔法武器には、グルンブレードの他にもグルンレイヴンがあります。

グルンレイヴンは、無属性の敵との戦闘時に、自分は3すくみ有利 敵は3すくみ不利とすることができる効果を持ちます。これにより、攻撃を+20%することができます。

ブルンブレードが手に入らなければ、グルンレイヴンをスキル継承することもおすすめです。 

相性激化3(パッシブA)

習得キャラクター:アベルエリウッド、ラズワルド

相性激化3は、3すくみ有利だと攻撃+20%、3すくみ不利だと攻撃-20%するスキルです。このスキルにより、グルンブレードやグルンレイヴンの効果をさらに上げることができます。例えば、グルンレイヴンの場合、攻撃+20%→+40%となります。 

月光(奥義スキル)

習得キャラクター:アイク、ルキナ、フレデリク、カチュアなど

月光は、敵の守備と魔防を50%扱いにして攻撃できる奥義です。また、奥義カウントは3と少なめであるため、発動させやすい奥義と言えます。

守備面に不安のある舞踏祭アズールは、長期戦が難しいため、できる限り奥義は発動しやすいものを継承しておくことをおすすめします。

 

以上です。ご参考までに。

過去記事に他キャラクターのスキル継承にいてまとめています。下記リンクよりどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

 

【FEH】スキル継承:舞踏祭アクアのおすすめスキル3種

f:id:jazzresearch-skmt:20171003005424j:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

9/29から開催された「優雅なる舞踏祭」ガチャで登場するキャラクター、舞踏祭アクアについて、強い点と弱い点を踏まえて、スキル継承の考え方を整理していきます。

 

目次

 

舞踏祭アクアの強い点

再行動スキル「歌う」を持っている

通常のアクアと同様に、舞踏祭アクアも、行動終了した味方を行動可能にできるスキル「歌う」を持っています。「歌う」により行動を再開させることで、連続で攻撃したり、攻撃した後で敵の攻撃から避けるために遠くに逃げたり、戦術の幅を持たせることが可能です。

なお、舞踏祭アクアは、緑属性のキャラクターです。緑属性で「歌う」を持つキャラクターは今までいなかったので、貴重と言えます。 

専用武器「ウルズ」で行動を再開させたキャラクターを強化

舞踏祭アクアは、専用武器「ウルズ」を持っています。このウルズには「歌う」を使用した味方の速さと守備と魔防を+3する効果を持っています。

再行動させるだけでキャラを大幅に強化できるので、なおかつHP以外の防御面を強化できることはかなりの強みです。

なお、ウルズの攻撃が16であり、効果を除いても十分な攻撃力を持っていることに高評価です。 

魔防の大紋章で周囲の味方の魔防を強化

舞踏祭アクアは「魔防の大紋章2」を習得します。この魔防の大紋章2は、舞踏祭アクアが立っているだけで周囲2マスまでのキャラの魔防を+3することができるスキルです。

ウルズの効果と合わせると味方の魔防を+6することが可能です。

青属性に一方的に強い

舞踏祭アクアは「相性激化」を習得します。相性激化は、3すくみ有利だと攻撃+20% 3すくみ不利だと攻撃-20%とするスキルです。これにより、青属性に対しては非常に強くなるので、青属性相手ならアタッカーや壁役としても活躍できます。

 

舞踏祭アクアの弱い点 

防御面に不安がある

舞踏祭アクアは攻撃と速さは高めで、魔防もある程度ありますが、HPと守備は低めです。

攻撃は高くアタッカーとして役割を果たすことはできますが、防御面を考慮して、前に出すぎないことが重要です。

相性激化によって赤属性に弱い

相性激化の恩恵を受ける反面、赤属性に一方的に弱くなることに注意が必要です。

 

スキル継承の考え方

舞踏祭アクアは、防御面に不安があるキャラクターです。そのため、後方に構えつつ、歌うやウルズによって味方をサポートしていくことが主な行動と言えます。

したがって、歌うとウルズの効果が最大限に活かせるようなスキル構成を考えることが重要と言えます。

 

舞踏祭アクアのおすすめスキル3種

救援の行路3(パッシブB)

習得キャラクター:フレデリク、エフィ、カイン、パオラ

救援の行路3は、HP50%以下の味方の隣接マスへ移動することができるスキルです。

舞踏アクアの歌う、ウルズによる味方のサポート力を最大限に生かすには、舞踏アクアがピンチの味方のそばに素早く移動することが必要となります。

救援の行路3を習得していれば、それが可能となるため、ぜひスキル継承したいスキルと言えます。 

遠距離反撃(パッシブA)

習得キャラクター:ヘクトル漆黒の騎士

遠距離反撃は、「敵から攻撃された時、距離に関係なく反撃する」ことができます。

舞踏祭アクアは、遠距離で歌うによるサポートを行うことが主な行動となります。そのため、遠距離から攻撃されることが多くなります。

この対策として、遠距離反撃を持っていれば、相手もうかつに攻撃できにくくなることが考えられます。 

月光(奥義スキル)

習得キャラクター:アイク、ルキナ、フレデリク、カチュアなど

月光は、敵の守備と魔防を50%扱いにして攻撃できる奥義です。この奥義の特徴としては、カウントが3と少ないことです。

舞踏祭アクアは、歌うによる味方の支援が主な行動です。そのため、敵と接触して戦うことが比較的に少ないキャラクターです。

そのため、発動カウントが少ない奥義をスキル継承することをおすすめします。なお、発動カウントが少ないスキルには、月光のほかにも竜裂や氷蒼があります。習得ておきたいスキルの効果を見て選ぶのもよいです。

→竜裂(攻撃を+30%)

→氷蒼(魔防の50%をダメージに加算)

 

以上です。ご参考までに。

過去記事に他キャラクターのスキル継承にいてまとめています。下記リンクよりどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

 

【FEH】スキル継承:漆黒の騎士のおすすめスキル3種

f:id:jazzresearch-skmt:20170923232615j:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

今回は、9/23~10/7まで開催されているイベント「戦渦の連戦」でゲットすることができる、「漆黒の騎士」のスキル継承について、強い点、弱い点を踏まえて考え方を整理していきます。

 

目次

 

漆黒の騎士の強い点

専用武器「エタルド」が強力

漆黒の騎士の専用武器「エタルド」は、遠距離反撃の効果を持っています。遠距離反撃とは、「敵から攻撃された時、距離に関係なく反撃する」ことができます。漆黒の騎士が登場するまでは、ヘクトルしか習得できなかった貴重なスキルでした。

漆黒の騎士は、重装キャラクターです。重装キャラクターは、一般的に守備が高いですが、移動範囲が狭く、遠距離から魔法や弓で一方的に攻撃されやすいといった弱点がありました※。漆黒の騎士の場合は、エタルドのおかげで、遠距離から攻撃されても反撃できるため、重装キャラクターの弱点を緩和することができます。

 ※漆黒の騎士の場合、速さが重装キャラクターでありながら34(☆5でレベル40時)もあり、高い値です。同じ重装キャラクターであるヘクトルの速さが24であることを考えると、かなり魅力的です。 

自身の守備アップ

漆黒の騎士が習得する「金剛の構え3」は、敵から攻撃を受けるとき自身の守備を+6できるスキルです。漆黒の騎士は、このスキルにより、重装キャラクターの役目である壁役としての機能を果しやすくなります。しかし、守備をアップできても魔防はアップできないことに注意が必要です。 

「黒の月光」が強力

漆黒の騎士が習得する奥義「黒の月光」は、通常の月光と同じ3カウント奥義です。しかし、月光と異なるのは、相手の守備・魔防を80%も無視できることです。したがって、守備の高い敵にも大ダメージが期待できます。 

救援の行路で移動力アップ

漆黒の騎士は「救援の行路3」を習得します。救援の行路3は、HPが半分以下である味方の隣接マスに移動することができるスキルです。

味方の壁役としての役割を持つ漆黒の騎士は、このスキルにより、素早く味方の前に移動して、壁となることができます。

 

漆黒の騎士の弱い点

一部キャラクターからの攻撃に弱い

漆黒の騎士の魔防は18(☆5でレベル40時)です。相手が魔道士の場合は、エタルドを過信せず、速さが34あることを活かして引くことも考える必要があります。特に、青魔の攻撃は耐えることが難しいので慎重な立ち回りが必要です。

なお、無料配布された総選挙リンは、多くのプレイヤーが使用しています。この総選挙リンは「サカの加護」を習得し、遠距離反撃の効果が発動させずに攻撃してきます。そのため、魔法だけでなく、総選挙リンと「サカの加護」にも注意が必要です。

 

スキル継承の考え方

漆黒の騎士は、一部キャラクターからの攻撃に弱いことを除いて、HPのとても高さや習得するスキルを見れば、優秀な壁役と言えます。

そのため、スキル継承に当たっては、壁役としての役割が果たしやすいように、移動範囲を広げるスキルや、弱点である魔防を補うスキルを選ぶことが重要と考えます。

また、HPがとても高いことを活かしたスキルも入れれば、強力なキャラクターとなると思います。

 

漆黒の騎士のおすすめスキル継承3種

 以上を踏まえて、漆黒の騎士のおすすめスキルを3つ紹介します。

回り込み(補助スキル)

習得キャラクター:セルジュ、エイリーク、ロビンなど

回り込みは、自身を対象の反対側にまで移動することができます。

このスキルにより、味方を利用して動く範囲を広げることができます。1マスずつしか移動できない重装キャラクターにとって、必須なスキルと言えます。

獅子奮迅3(パッシブA)

習得キャラクター:ヒナタ、バアトル、ジェイガン、ローローなど

獅子奮迅は、攻撃、速さ、守備、魔防を+3することができるスキルです。しかし、ターン後、自分に6ダメージが出てしまいます。

漆黒の騎士は、守備とHPが高いですが、魔防が低いことが弱い点です。このスキルにより、魔防の低さをある程度カバーすることができます。スキルにより6ダメージが発生しますが、HPが元から高いため、特に気にならないと思います。

恐慌の奇策3(パッシブC)

習得キャラクター:ルーク、ヴァルター

恐慌の奇策3は、自分よりHPの低い敵が受けているステータス強化を弱体化に反転させるスキルです。漆黒の騎士は、HPが50(☆5でレベル40時)あり、全キャラクター中10位以内に入る高さです。

恐慌の奇策を使うことで、ほとんどのキャラクターのステータス強化を無くし、弱体化することができます。

 

以上です。ご参考までに。

なお、スキル継承の考え方を過去記事に書いています。

他キャラのスキル継承についても書いているので、こちらも参考にどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

 

【FEH】スキル継承:エリンシアのおすすめスキル3種

f:id:jazzresearch-skmt:20170917230554j:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

今回は、クリミア王国ガチャで新たに登場したキャラクター「エリンシア」のスキル継承について、エリンシアの強い点、弱い点を踏まえて考え方を整理していきます。

 

目次

 

エリンシアの強い点 

専用武器「アミーテ」による2回攻撃

エリンシアの専用武器スキル「アミーテ」は、自分から攻撃した時に2回攻撃を行います。

エリンシアは、鬼神の一撃を習得するため、アミーテと合わせることで高い攻撃力を発揮することができます。また、攻め立て3をスキル継承させれば、4回攻撃が可能となります。

なお、アミーテのデメリットとしては、攻撃後に自分の速さが-2となることがあります。ですが、エリンシアの速さは元々36(☆5レベル40時)であるため、全キャラ中でも高い値です。そのため、このデメリットは気にならないと思います。

編隊飛行による飛行キャラクターの速さアップ

 エリンシアが習得するスキル「編隊飛行」(パッシブスキルB)は、周囲2マスにいる味方の飛行キャラクターを最大3マス移動させることができます。

飛行キャラクターとチームを組んでいれば、素早く前線を上げることが可能となります。

 

エリンシアの弱い点

HPの低さ

エリンシアは、HPが35(☆5レベル40時)であり、守備も24(☆5レベル40時)しかなく、耐久力がかなり低いです。そのため、遠方から物理攻撃をしてくる弓キャラクターには注意が必要です。

飛行キャラクターとのチーム編成が必須

エリンシアの強い点の一つは、編隊飛行による飛行キャラクターのサポートです。チーム内に飛行キャラクターがいないのであれば、エリンシアの強みが一つ減ります。そのため、エリンシアをチームに入れる場合は、飛行キャラクターもセットと考える必要がるため、チーム構成に偏りが出るかもしれません。

 

スキル継承の考え方

エリンシアの強い点は、アミーテによる2回攻撃と、編隊飛行による飛行キャラクターとの相性の良さ、この2つです。エリンシアのステータスを見ると、速さが高めであること以外は、あまり特筆することがありません。

そのため、エリンシアの戦いは、速さを活かしてできる限り前線に出て飛行キャラクターを援護するか、2回攻撃を当てていくかの2つになります。

以上より、エリンシアは、強い点をさらに強化するスキルを継承することが重要と言えます。

 

エリンシアのおすすめスキル継承3種類

以上より、エリンシアのおすすめスキル継承を以下に示します。 

攻め立て3(パッシブスキルB)

習得キャラター:シャニー、カレル、メイ、ナバールなど

攻め立て3は、自分のHPが75%以下で自分から攻撃した時、追撃可能なら自分の攻撃の直後に追撃を行うスキルです。

上記「エリンシアの強い点」での説明でも書いた通り、攻め立てをスキル継承することで、武器スキル「アミーテ」の2回攻撃と合わせて4回攻撃が可能となります。エリンシアの強い点をさらに生かすためにも、必須と言えるスキルです。

しかし、攻め立てを覚えさせると、同じパッシブスキルBである編隊飛行を外すことになります。攻め立てと編隊飛行、どちらを習得させるかは、チーム構成を踏まえてよく考える必要があります。

疾風迅雷(奥義スキル)

習得キャラクター:リン、ティアモ、総選挙ロイ

疾風迅雷は、自分から攻撃した時、戦闘後、自分を行動可能にする効果を持ちます。疾風迅雷の効果は、アミーテと攻め立てを習得していれば、攻撃回数増加という恩恵がさらに得られることになります。

発動カウントが5であることが気になりますが、攻撃回数をアミーテと攻め立てで増やしていれば、十分カバーできています。

飛刃の紋章(パッシブスキルC)

習得キャラクター: パオラ

飛刃の紋章は、周囲2マスの味方飛行キャラクターの攻撃と速さを+4とするスキルです。エリンシアは飛行キャラクターとチームを組むことで強みを発揮します。その強みをさらに強化する意味で、飛刃の紋章は有効なスキルと言えます。

ただし、習得するキャラクターがパオラのみであるため、スキル継承にはかなり労力が必要です。

 

以上です。ご参考までに。

 

なお、スキル継承の考え方を過去記事に書いています。

他キャラのスキル継承についても書いているので、こちらも参考にどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

【FEH】個体値:総選挙ルキナは「速さ上げ、HP下げ」

f:id:jazzresearch-skmt:20170905014708p:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

 

今回は、総選挙ルキナ個体値について整理します。

タイトルにも書いていますが、総選挙ルキナのおすすめ個体値は「速さ上げ、HP下げ」です。

なぜ「速さ上げ、HP下げ」なのか、総選挙ルキナ個体値の基準を確認し、ステータス上の考察と総選挙ルキナの戦い方を踏まえて、整理していきます。

 

目次

 

個体値の基準(☆5)

総選挙ルキナ個体値の基準は以下の通りです。

 

レベル1の個体値

HP       17

攻撃      24

速さ      10

守備      11

魔防      4

 

レベル40の個体値(スキル込み)

HP       41

攻撃      50

速さ      36

守備      30

魔防      19

 

個体値の基準からみた総選挙ルキナの攻撃面

総選挙ルキナの攻撃、速さは全キャラクター中でもトップクラスの数値です。

そして、総選挙ルキナが習得する武器スキル「ゲイルスケグル」とパッシブスキルA「鬼神金剛の一撃」により、攻撃が+4、速さが+3されます。

したがって、総選挙ルキナの攻撃面は、かなり強い部類に入ります。

 

個体値の基準からみた総選挙ルキナの守備面

総選挙ルキナの守備は、平均よりも高めの数値となっています。また、武器スキル「ゲイルスケグル」により守備を+3することができるため、自前でフォローが可能です。

総選挙ルキナのHPは、平均的な数値です。ただし、総選挙ルキナが習得する奥義「天空」は、与えたダメージの50%自分を回復することができます。そのため、HPは平均的とは言いつつも、なかなか倒しにくいキャラクターとなっていると思います。

しかし、ここで注意したいのが、総選挙ルキナの魔防が全キャラクター中でも最弱クラスに低いことです。また、魔防を補うことができるスキルも習得しません。

 

総選挙ルキナの戦い方

総選挙ルキナは、歩兵であるため、単純に騎馬キャラクターよりは速さが劣ります。また、総選挙ルキナのゲイルスケグルは周囲2マスの味方の守備も向上させます。

したがって、総選挙ルキナの戦い方は、速さ面とスキル面を考えると、単独で飛び出していくことはあまりなく、味方と一緒に行動することが基本となります。立ち位置は、単独で前に飛び出さないのであれば、中間あたりを位置することになります。

総選挙ルキナが長く戦っていくには、魔防の低さを補う必要があります。魔法攻撃は、遠くまで届くので脅威ですが、中間に位置していれば、すぐに後方へ逃げることができます。この逃げをできる限り素早くすることが重要です。

このため、総選挙ルキナの生命線は「速さ」と言えます。もともと最弱クラスに低い数値である魔防を個体値補正で伸ばしてもせいぜい+3程度です。それならば、速さを個体補正で+4した方が有利に戦いが運べるはずです。

 

総選挙ルキナのおすすめ個体値

以上より、総選挙ルキナのおすすめ個体値は「速さ上げ」です。

なお、下がってもよいステータスはHPです。なぜなら、奥義「天空」によりフォローが可能なためです。

また、攻撃を下げることはお勧めしません。なぜなら、総選挙ルキナは、基準値で攻撃が50あり、「鬼神金剛の一撃」を使うことで、アタッカーとしてもチームの役割を果たすことができるためです。

 

以上です。ご参考までに。

 

なお、総選挙ルキナのスキル継承の考え方についても過去記事に記載しています。

よろしければこちらもどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

 

【FEH】個体値:総選挙リンは「攻撃上げ または 速さ上げ」

f:id:jazzresearch-skmt:20170903011910p:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

今回は、総選挙リンの個体値について整理します。

タイトルにも書いていますが、総選挙リンのおすすめ個体値は「攻撃上げまたは速さ上げ」です。

なぜ「攻撃上げまたは速さ上げ」なのかは、総選挙リンの個体値の基準を確認し、ステータス上の考察と総選挙リンの戦い方を踏まえて、整理していきます。

 

目次

 

個体値の基準(☆5)

総選挙リンの個体値の基準は以下の通りです。

レベル1の個体値

HP       16

攻撃      21

速さ      12

守備      5

魔防      6

レベル40の個体値(スキル込み)

HP       35

攻撃      47

速さ      38

守備      18

魔防      28

 

個体値の基準からみた総選挙リンの攻撃面

総選挙リンの攻撃と速さは非常に高い数値です。これは、総選挙リンが習得する「ミュルグレ」の効果があるため高い数値となっています。

ミュルグレは、自身の攻撃面を強化するだけでなく、敵が魔法キャラクターの場合、戦闘中鼓舞や応援の効果を無効にすることができます。「ブレード」を持った魔道士(ニノやサーリャ)に対して非常に有効なスキルです。専用強化スキルが掛かった魔法に対しても強く出られます。

また、パッシブスキルBである「サカの加護」というスキルを習得します。このスキルは、剣、槍、斧に攻撃した際に反撃されなくなるスキルを習得します。これにより、遠距離反撃のスキルを持つキャラクター(ヘクトルやマークス)に対して、一方的に攻撃することができます。

以上より、総選挙リンの攻撃面は、ステータスとしての数値が高いだけでなく、スキルを踏まえてもかなり強い部類に入ります。

個体値の基準からみた総選挙リンの守備面

防御は数値が18であり、全キャラでも最弱クラスです。なお、魔防は平均的な数値です。

そのため、総選挙リンは、守備面にかなり不安の残るキャラクターです。幸いにも、騎馬キャラクターであるため、速さの高さ活かして逃げ回ることができます。

相手の攻撃範囲とチームの状況を見極めが総選挙リンを動かすことで重要と言えます。

 

総選挙リンの戦い方

総選挙リンは、弓+騎馬という特殊なキャラクターです。弓の攻撃範囲の広さを使って、敵から攻撃の届かない場所から一方的に攻撃していくことになります。そして、先に攻撃さえ当ててしまえば、スキル「攻撃の紫煙3」により、敵の攻撃力が下がるため、有利な状況を作ることができます。

なお、自分が攻撃を受けそうになれば、騎馬の速さを活かして、早めに後ろに下がることができます。

 

総選挙リンのおすすめ個体値

総選挙リンは、攻撃もしくは速さが重要なステータスと言えます。守備面の低さは、速さを活かしてある程度フォローができます。

したがって、総選挙リンのおすすめ個体値は「攻撃上げ、または速さ上げ」と言えます。なお、個人的には守備面の不安要素を取り除く意味で、「速さ上げ」が良いと思います。

 

以上です。ご参考までに。

 

なお、総選挙リンのスキル継承の考え方についても過去記事に記載しています。

よろしければこちらもどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

 

【FEH】スキル継承:総選挙ルキナのおすすめスキル3種

f:id:jazzresearch-skmt:20170902235103j:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

今回は、新たに追加されたキャラクター「総選挙ルキナ」のスキル継承についてまとめてみます。

総選挙ルキナは、攻撃・防御などの物理面に対して、自分と味方を大きく強化することができるキャラクターです。

そんな総選挙ルキナの強い点、弱い点を踏まえて、スキル継承の考え方を整理していきます。

 

目次

 

総選挙ルキナの強い点

 「ゲイルスケグル」と「速さの大紋章」による守備面サポート

 総選挙ルキナの武器スキル「ゲイルスケグル」は、自分の守備が+3にして、さらに周囲2マスの物理攻撃タイプの味方の攻撃と速さを+3させることができます。

そして、総選挙ルキナが習得するパッシブスキルC「速さの大紋章」は、周囲2マスの味方の速さを+3させることができます。

つまり、「ゲイルスケグル」と「速さの大紋章」を掛けわせることで、物理攻撃タイプの味方の速さが+6にすることができます。さらに、効果は戦闘中持続します。

総選挙ルキナは、味方の守備面を強力にサポートできるキャラクターと言えます。

「鬼神金剛の一撃」による強力なアタッカー

 総選挙ルキナはパッシブスキルA「鬼神金剛の一撃」を習得します。「鬼神金剛の一撃」は、自分から攻撃したお気に攻撃と守備を+4とすることができるスキルです。

総選挙ルキナのステータスは、基準値で攻撃が50あります。「鬼神金剛の一撃」を使うことで、アタッカーとしてもチームの役割を果たすことができます。

天空による自分の回復

総選挙ルキナの奥義は、敵の守備と魔防-50%にして攻撃し、与えたダメージの50%自分を回復する「天空」を習得します。天空は、星5のキャラクターしか習得できない、貴重なスキルです。

総選挙ルキナは、強力なアタッカーとして活躍できます。この天空を駆使することで、長く戦闘に参加できます。相手にとっては、攻撃力の高いルキナがなかなか倒せず、脅威に感じることでしょう。 

 

総選挙ルキナの弱い点

総選挙ルキナは、攻撃と防御と速さ、この3ステータスについての強力なサポートが可能です。ただし、魔防をサポートするスキルを習得しません。また、総選挙ルキナ自身も魔防が低く目です。

また、「ゲイルスケグル」によるサポートは物理攻撃キャラクターに限られます。そのため、魔道士とチームを組む際には、総選挙ルキナの強みが活かしにくいと言えます。

 

スキル継承の考え方

総選挙ルキナは、歩兵であるため、単純に騎馬キャラクターよりは速さが劣ります。また、総選挙ルキナのスキル効果範囲(ゲイルスケグル)が周囲2マスです。

したがって、総選挙ルキナは、速さ面とスキル面を考えると、単独で飛び出していくことはあまりなく、味方と一緒に行動することが多くなります。

総選挙ルキナは、魔防の低さが弱みとしました。この弱みは、味方と一緒に行動していれば、味方で一斉に敵の魔道士に攻撃かけれるので、ある程度はフォローできると思います。

したがって、味方をさらにサポートできるスキルを継承しておけば、総選挙ルキナを活かせると思います。

 

総選挙ルキナのおすすめスキル継承3種類

攻撃の応援(補助スキル)

習得キャラクター:シャロン、カザハナ、レイなど

攻撃の応援は、対象の攻撃を+4することができます。総選挙ルキナは、速さのサポートが強力です。攻撃の応援をスキル継承していれば、攻撃もサポートができることが魅力と言えます。

引き戻し(補助スキル)

習得キャラクター:ルーナ、オルエン、バーツなど

引き戻しは、対象を自分の反対側に移動させることができます。ピンチになったキャラクターを自分の近くにまで引き返させることができます。

総選挙ルキナは、速さの面を考えると、一番に前線に行きません。一番最初に前線へ行くのは、騎馬キャラクターなどです。その騎馬キャラクターへのサポートを行うスキルとして、引き戻しがおすすめです。

攻め立て3(パッシブスキルB)

 習得キャラター:シャニー、カレル、メイ、ナバールなど

攻め立て3は、自分のHPが75%以下で自分から攻撃した時、追撃可能なら自分の攻撃の直後に追撃を行うスキルです。

味方をサポートするスキルではないですが、自分の攻撃を強化することができます。総選挙ルキナは、優秀なアタッカーでもあるので、その役割を活かしやすくなります。

 

以上です。ご参考までに。

 

なお、スキル継承の考え方を過去記事に書いています。

他キャラのスキル継承についても書いているので、こちらも参考にどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

 

(2017/9/5追記)総選挙ルキナ個体値について整理しました。

ステータスについてはこちらをご参考にどうぞ。

makiogames.hatenablog.com