気ままにゲームアプリ

気に入ったゲームアプリのプレイ日記です。新作や気になったゲームアプリの紹介、感想も書いてます。

【FEH】スキル継承:エリンシアのおすすめスキル3種

f:id:jazzresearch-skmt:20170917230554j:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

今回は、クリミア王国ガチャで新たに登場したキャラクター「エリンシア」のスキル継承について、エリンシアの強い点、弱い点を踏まえて考え方を整理していきます。

 

目次

 

エリンシアの強い点 

専用武器「アミーテ」による2回攻撃

エリンシアの専用武器スキル「アミーテ」は、自分から攻撃した時に2回攻撃を行います。

エリンシアは、鬼神の一撃を習得するため、アミーテと合わせることで高い攻撃力を発揮することができます。また、攻め立て3をスキル継承させれば、4回攻撃が可能となります。

なお、アミーテのデメリットとしては、攻撃後に自分の速さが-2となることがあります。ですが、エリンシアの速さは元々36(☆5レベル40時)であるため、全キャラ中でも高い値です。そのため、このデメリットは気にならないと思います。

編隊飛行による飛行キャラクターの速さアップ

 

エリンシアが習得するスキル「編隊飛行」(パッシブスキルB)は、周囲2マスにいる味方の飛行キャラクターを最大3マス移動させることができます。

飛行キャラクターとチームを組んでいれば、素早く前線を上げることが可能となります。

 

エリンシアの弱い点

HPの低さ

エリンシアは、HPが35(☆5レベル40時)であり、守備も24(☆5レベル40時)しかなく、耐久力がかなり低いです。そのため、遠方から物理攻撃をしてくる弓キャラクターには注意が必要です。

飛行キャラクターとのチーム編成が必須

エリンシアの強い点の一つは、編隊飛行による飛行キャラクターのサポートです。チーム内に飛行キャラクターがいないのであれば、エリンシアの強みが一つ減ります。そのため、エリンシアをチームに入れる場合は、飛行キャラクターもセットと考える必要がるため、チーム構成に偏りが出るかもしれません。

 

スキル継承の考え方

エリンシアの強い点は、アミーテによる2回攻撃と、編隊飛行による飛行キャラクターとの相性の良さ、この2つです。エリンシアのステータスを見ると、速さが高めであること以外は、あまり特筆することがありません。

そのため、エリンシアの戦いは、速さを活かしてできる限り前線に出て飛行キャラクターを援護するか、2回攻撃を当てていくかの2つになります。

以上より、エリンシアは、強い点をさらに強化するスキルを継承することが重要と言えます。

 

エリンシアのおすすめスキル継承3種類

以上より、エリンシアのおすすめスキル継承を以下に示します。 

攻め立て3(パッシブスキルB)

習得キャラター:シャニー、カレル、メイ、ナバールなど

攻め立て3は、自分のHPが75%以下で自分から攻撃した時、追撃可能なら自分の攻撃の直後に追撃を行うスキルです。

上記「エリンシアの強い点」での説明でも書いた通り、攻め立てをスキル継承することで、武器スキル「アミーテ」の2回攻撃と合わせて4回攻撃が可能となります。エリンシアの強い点をさらに生かすためにも、必須と言えるスキルです。

しかし、攻め立てを覚えさせると、同じパッシブスキルBである編隊飛行を外すことになります。攻め立てと編隊飛行、どちらを習得させるかは、チーム構成を踏まえてよく考える必要があります。

疾風迅雷(奥義スキル)

 

習得キャラクター:リン、ティアモ、総選挙ロイ

疾風迅雷は、自分から攻撃した時、戦闘後、自分を行動可能にする効果を持ちます。疾風迅雷の効果は、アミーテと攻め立てを習得していれば、攻撃回数増加という恩恵がさらに得られることになります。

発動カウントが5であることが気になりますが、攻撃回数をアミーテと攻め立てで増やしていれば、十分カバーできています。

飛刃の紋章(パッシブスキルC)

 

習得キャラクター: パオラ

飛刃の紋章は、周囲2マスの味方飛行キャラクターの攻撃と速さを+4とするスキルです。エリンシアは飛行キャラクターとチームを組むことで強みを発揮します。その強みをさらに強化する意味で、飛刃の紋章は有効なスキルと言えます。

ただし、習得するキャラクターがパオラのみであるため、スキル継承にはかなり労力が必要です。

 

以上です。ご参考までに。

 

なお、スキル継承の考え方を過去記事に書いています。

他キャラのスキル継承についても書いているので、こちらも参考にどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

【FEH】個体値:総選挙ルキナは「速さ上げ、HP下げ」

f:id:jazzresearch-skmt:20170905014708p:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

 

今回は、総選挙ルキナ個体値について整理します。

タイトルにも書いていますが、総選挙ルキナのおすすめ個体値は「速さ上げ、HP下げ」です。

なぜ「速さ上げ、HP下げ」なのか、総選挙ルキナ個体値の基準を確認し、ステータス上の考察と総選挙ルキナの戦い方を踏まえて、整理していきます。

 

目次

 

個体値の基準(☆5)

総選挙ルキナ個体値の基準は以下の通りです。

 

レベル1の個体値

HP       17

攻撃      24

速さ      10

守備      11

魔防      4

 

レベル40の個体値(スキル込み)

HP       41

攻撃      50

速さ      36

守備      30

魔防      19

 

個体値の基準からみた総選挙ルキナの攻撃面

総選挙ルキナの攻撃、速さは全キャラクター中でもトップクラスの数値です。

そして、総選挙ルキナが習得する武器スキル「ゲイルスケグル」とパッシブスキルA「鬼神金剛の一撃」により、攻撃が+4、速さが+3されます。

したがって、総選挙ルキナの攻撃面は、かなり強い部類に入ります。

 

個体値の基準からみた総選挙ルキナの守備面

総選挙ルキナの守備は、平均よりも高めの数値となっています。また、武器スキル「ゲイルスケグル」により守備を+3することができるため、自前でフォローが可能です。

総選挙ルキナのHPは、平均的な数値です。ただし、総選挙ルキナが習得する奥義「天空」は、与えたダメージの50%自分を回復することができます。そのため、HPは平均的とは言いつつも、なかなか倒しにくいキャラクターとなっていると思います。

しかし、ここで注意したいのが、総選挙ルキナの魔防が全キャラクター中でも最弱クラスに低いことです。また、魔防を補うことができるスキルも習得しません。

 

総選挙ルキナの戦い方

総選挙ルキナは、歩兵であるため、単純に騎馬キャラクターよりは速さが劣ります。また、総選挙ルキナのゲイルスケグルは周囲2マスの味方の守備も向上させます。

したがって、総選挙ルキナの戦い方は、速さ面とスキル面を考えると、単独で飛び出していくことはあまりなく、味方と一緒に行動することが基本となります。立ち位置は、単独で前に飛び出さないのであれば、中間あたりを位置することになります。

総選挙ルキナが長く戦っていくには、魔防の低さを補う必要があります。魔法攻撃は、遠くまで届くので脅威ですが、中間に位置していれば、すぐに後方へ逃げることができます。この逃げをできる限り素早くすることが重要です。

このため、総選挙ルキナの生命線は「速さ」と言えます。もともと最弱クラスに低い数値である魔防を個体値補正で伸ばしてもせいぜい+3程度です。それならば、速さを個体補正で+4した方が有利に戦いが運べるはずです。

 

総選挙ルキナのおすすめ個体値

以上より、総選挙ルキナのおすすめ個体値は「速さ上げ」です。

なお、下がってもよいステータスはHPです。なぜなら、奥義「天空」によりフォローが可能なためです。

また、攻撃を下げることはお勧めしません。なぜなら、総選挙ルキナは、基準値で攻撃が50あり、「鬼神金剛の一撃」を使うことで、アタッカーとしてもチームの役割を果たすことができるためです。

 

以上です。ご参考までに。

 

なお、総選挙ルキナのスキル継承の考え方についても過去記事に記載しています。

よろしければこちらもどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

 

【FEH】個体値:総選挙リンは「攻撃上げ または 速さ上げ」

f:id:jazzresearch-skmt:20170903011910p:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

今回は、総選挙リンの個体値について整理します。

タイトルにも書いていますが、総選挙リンのおすすめ個体値は「攻撃上げまたは速さ上げ」です。

なぜ「攻撃上げまたは速さ上げ」なのかは、総選挙リンの個体値の基準を確認し、ステータス上の考察と総選挙リンの戦い方を踏まえて、整理していきます。

 

目次

 

個体値の基準(☆5)

総選挙リンの個体値の基準は以下の通りです。

レベル1の個体値

HP       16

攻撃      21

速さ      12

守備      5

魔防      6

レベル40の個体値(スキル込み)

HP       35

攻撃      47

速さ      38

守備      18

魔防      28

 

個体値の基準からみた総選挙リンの攻撃面

総選挙リンの攻撃と速さは非常に高い数値です。これは、総選挙リンが習得する「ミュルグレ」の効果があるため高い数値となっています。

ミュルグレは、自身の攻撃面を強化するだけでなく、敵が魔法キャラクターの場合、戦闘中鼓舞や応援の効果を無効にすることができます。「ブレード」を持った魔道士(ニノやサーリャ)に対して非常に有効なスキルです。専用強化スキルが掛かった魔法に対しても強く出られます。

また、パッシブスキルBである「サカの加護」というスキルを習得します。このスキルは、剣、槍、斧に攻撃した際に反撃されなくなるスキルを習得します。これにより、遠距離反撃のスキルを持つキャラクター(ヘクトルやマークス)に対して、一方的に攻撃することができます。

以上より、総選挙リンの攻撃面は、ステータスとしての数値が高いだけでなく、スキルを踏まえてもかなり強い部類に入ります。

個体値の基準からみた総選挙リンの守備面

防御は数値が18であり、全キャラでも最弱クラスです。なお、魔防は平均的な数値です。

そのため、総選挙リンは、守備面にかなり不安の残るキャラクターです。幸いにも、騎馬キャラクターであるため、速さの高さ活かして逃げ回ることができます。

相手の攻撃範囲とチームの状況を見極めが総選挙リンを動かすことで重要と言えます。

 

総選挙リンの戦い方

総選挙リンは、弓+騎馬という特殊なキャラクターです。弓の攻撃範囲の広さを使って、敵から攻撃の届かない場所から一方的に攻撃していくことになります。そして、先に攻撃さえ当ててしまえば、スキル「攻撃の紫煙3」により、敵の攻撃力が下がるため、有利な状況を作ることができます。

なお、自分が攻撃を受けそうになれば、騎馬の速さを活かして、早めに後ろに下がることができます。

 

総選挙リンのおすすめ個体値

総選挙リンは、攻撃もしくは速さが重要なステータスと言えます。守備面の低さは、速さを活かしてある程度フォローができます。

したがって、総選挙リンのおすすめ個体値は「攻撃上げ、または速さ上げ」と言えます。なお、個人的には守備面の不安要素を取り除く意味で、「速さ上げ」が良いと思います。

 

以上です。ご参考までに。

 

なお、総選挙リンのスキル継承の考え方についても過去記事に記載しています。

よろしければこちらもどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

 

【FEH】スキル継承:総選挙ルキナのおすすめスキル3種

f:id:jazzresearch-skmt:20170902235103j:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

今回は、新たに追加されたキャラクター「総選挙ルキナ」のスキル継承についてまとめてみます。

総選挙ルキナは、攻撃・防御などの物理面に対して、自分と味方を大きく強化することができるキャラクターです。

そんな総選挙ルキナの強い点、弱い点を踏まえて、スキル継承の考え方を整理していきます。

 

目次

 

総選挙ルキナの強い点

 「ゲイルスケグル」と「速さの大紋章」による守備面サポート

 総選挙ルキナの武器スキル「ゲイルスケグル」は、自分の守備が+3にして、さらに周囲2マスの物理攻撃タイプの味方の攻撃と速さを+3させることができます。

そして、総選挙ルキナが習得するパッシブスキルC「速さの大紋章」は、周囲2マスの味方の速さを+3させることができます。

つまり、「ゲイルスケグル」と「速さの大紋章」を掛けわせることで、物理攻撃タイプの味方の速さが+6にすることができます。さらに、効果は戦闘中持続します。

総選挙ルキナは、味方の守備面を強力にサポートできるキャラクターと言えます。

「鬼神金剛の一撃」による強力なアタッカー

 総選挙ルキナはパッシブスキルA「鬼神金剛の一撃」を習得します。「鬼神金剛の一撃」は、自分から攻撃したお気に攻撃と守備を+4とすることができるスキルです。

総選挙ルキナのステータスは、基準値で攻撃が50あります。「鬼神金剛の一撃」を使うことで、アタッカーとしてもチームの役割を果たすことができます。

天空による自分の回復

総選挙ルキナの奥義は、敵の守備と魔防-50%にして攻撃し、与えたダメージの50%自分を回復する「天空」を習得します。天空は、星5のキャラクターしか習得できない、貴重なスキルです。

総選挙ルキナは、強力なアタッカーとして活躍できます。この天空を駆使することで、長く戦闘に参加できます。相手にとっては、攻撃力の高いルキナがなかなか倒せず、脅威に感じることでしょう。 

 

総選挙ルキナの弱い点

総選挙ルキナは、攻撃と防御と速さ、この3ステータスについての強力なサポートが可能です。ただし、魔防をサポートするスキルを習得しません。また、総選挙ルキナ自身も魔防が低く目です。

また、「ゲイルスケグル」によるサポートは物理攻撃キャラクターに限られます。そのため、魔道士とチームを組む際には、総選挙ルキナの強みが活かしにくいと言えます。

 

スキル継承の考え方

総選挙ルキナは、歩兵であるため、単純に騎馬キャラクターよりは速さが劣ります。また、総選挙ルキナのスキル効果範囲(ゲイルスケグル)が周囲2マスです。

したがって、総選挙ルキナは、速さ面とスキル面を考えると、単独で飛び出していくことはあまりなく、味方と一緒に行動することが多くなります。

総選挙ルキナは、魔防の低さが弱みとしました。この弱みは、味方と一緒に行動していれば、味方で一斉に敵の魔道士に攻撃かけれるので、ある程度はフォローできると思います。

したがって、味方をさらにサポートできるスキルを継承しておけば、総選挙ルキナを活かせると思います。

 

総選挙ルキナのおすすめスキル継承3種類

攻撃の応援(補助スキル)

習得キャラクター:シャロン、カザハナ、レイなど

攻撃の応援は、対象の攻撃を+4することができます。総選挙ルキナは、速さのサポートが強力です。攻撃の応援をスキル継承していれば、攻撃もサポートができることが魅力と言えます。

引き戻し(補助スキル)

習得キャラクター:ルーナ、オルエン、バーツなど

引き戻しは、対象を自分の反対側に移動させることができます。ピンチになったキャラクターを自分の近くにまで引き返させることができます。

総選挙ルキナは、速さの面を考えると、一番に前線に行きません。一番最初に前線へ行くのは、騎馬キャラクターなどです。その騎馬キャラクターへのサポートを行うスキルとして、引き戻しがおすすめです。

攻め立て3(パッシブスキルB)

 習得キャラター:シャニー、カレル、メイ、ナバールなど

攻め立て3は、自分のHPが75%以下で自分から攻撃した時、追撃可能なら自分の攻撃の直後に追撃を行うスキルです。

味方をサポートするスキルではないですが、自分の攻撃を強化することができます。総選挙ルキナは、優秀なアタッカーでもあるので、その役割を活かしやすくなります。

 

以上です。ご参考までに。

 

なお、スキル継承の考え方を過去記事に書いています。

他キャラのスキル継承についても書いているので、こちらも参考にどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

 

(2017/9/5追記)総選挙ルキナ個体値について整理しました。

ステータスについてはこちらをご参考にどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

 

【FEH】スキル継承:総選挙リンのおすすめスキル2種

f:id:jazzresearch-skmt:20170902023703p:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

今回は、新たに追加されたキャラクター「総選挙リン」のスキル継承についてまとめてみます。

総選挙リンは、弓を持っていながら騎馬タイプのキャラクターです。弓+騎馬の組み合わせは、初めて出てきたものです。

そんな総選挙リンの強い点、弱い点を踏まえて、スキル継承の考え方を整理していきます。

 

目次

 

総選挙リンの強い点

ミュルグレにより、魔道士に対して強みを持つ

 「ミュルグレ」は、威力14の武器スキルであり、自分の速さを+3にして、敵が魔法キャラクターの場合、戦闘中鼓舞や応援の効果を無効にすることができます。

「ブレード」を持った魔道士(ニノやサーリャ)に対して非常に有効なスキルです。専用強化スキルが掛かった魔法に対しても強く出られます。

総選挙リンの魔防の基準値が28であり、比較的に高い値であるため、魔道士に対して多くの強みを持っていると言えます。

サカの加護により、盾役キャラクターへの強み

 パッシブスキルBである「サカの加護」は剣、槍、斧に攻撃した際に反撃されなくなる効果を持ちます。

サカの加護が良い理由は、遠距離反撃のスキルを持つキャラクター(ヘクトルやマークス)に対して、一方的に攻撃することができることです。

遠距離反撃は、遠くから攻撃してきた相手を反撃するスキルです。このスキルは壁役となるキャラクターが持っていることが多いです。壁役が敵から攻撃を反撃しながらジリジリと迫っていけるため厄介なスキルです。

しかし、サカの加護があれば、そんなジリジリ迫る壁役を反撃されずに倒すことができます。 

新しい弱体化スキルを習得できる

総選挙リンは、新スキル「攻撃の紫煙3」を習得します。このスキルは、攻撃後に敵周囲2マスの敵の攻撃力を-7するものです。

弓により遠方から攻撃し、さらに弱体化までさせるため、敵の強力な行動を次ターンに抑えることができます。

ステータスと習得スキルが噛み合っている

 総選挙リンのステータスは、ミュルグレ込みで攻撃47速さ38と非常に優秀です。そして、「鬼神飛燕の一撃」を習得するため、攻撃と速さがさらに上昇することになります。

唯一、防御が低い点が気になりますが、「サカの加護」があるため、遠距離反撃を無効化できるため、スキルによるフォローができていると言えます。

 

総選挙リンの弱い点

総選挙リンの弱い点は、上記にも少し書きましたが、防御が弱いことが挙げられます。

総選挙リンは、騎馬キャラクターなので、騎馬特攻による攻撃を受けるとすぐに倒されてしまうことに注意が必要です。また、相性相殺がないと激化レイブン魔法に弱いことにも注意が必要です。

 

総選挙リンの戦い方

総選挙リンは、弓+騎馬という特殊なキャラクターです。弓の攻撃範囲の広さを使って、敵から攻撃の届かない場所から一方的に攻撃していくことになります。そして、先に攻撃さえ当ててしまえば、スキル「攻撃の紫煙3」により、敵の攻撃力が下がるため、有利な状況を作ることができます。

なお、自分が攻撃を受けそうになれば、騎馬の速さを活かして、早めに後ろに下がることができます。

遠距離から攻撃をしてくる魔道士に対しては、ミュルグレにより魔法による大ダメージを受けにくくなるため、優位に戦えます。ただし、敵の弓キャラクターがいる場合は、物理攻撃をしてくるため、注意が必要です。

つまり、弓キャラクターにさえ注意した戦い方を意識すれば、強い立ち回りができると言えます。

 

総選挙リンのおすすめスキル 2種

総選挙リンは、優秀なスキルを多く習得することができます。

正直言って、スキル継承は不要と思います。総選挙リンにスキル継承するよりは、他キャラクターを育てた方がチームの伸び代は大きいと思います。

それでも、総選挙リンにスキル継承していきたい、という場合のおすすめスキルを2種類紹介します。

 

引き戻し

習得キャラクター:ルーナ、バーツ、オルエンなど

引き戻しは、味方を自分の反対側の位置に移動させることができるスキルです。

総選挙リンは、攻撃範囲を活かして、後方に構えることが多くなると思います。そのため、このスキルを持っておけば、前線に攻めていったキャラクターがピンチになったとき、後方に引き戻すことができ、サポート役にもなることができます。

 

相互援助

習得キャラクター:ドニ、セツナ、マシュー

相互援助は、自分と対象のHPを入れ替えるスキルです。

総選挙リンは、後方に構えているため、攻撃を受けにくい位置にいることが多くなります。そのため、前線で戦っているキャラクターに自分のHPを引き継ぎ、前線のサポートすることができます。

 

以上です。ご参考までに。

 

なお、スキル継承の考え方を過去記事に書いています。

他キャラのスキル継承についても書いているので、こちらも参考にどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

 

(2017/9/3追記)総選挙リンの個体値について整理しました。

ステータスについてはこちらをご参考にどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

 

【FEH】個体値:ニノは「速さ上げ、下げは守備面」

f:id:jazzresearch-skmt:20170827232520j:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

 

今回は、ニノの個体値について整理します。

ニノは、ファイアーエンブレムヒーローズでも最強クラスの性能を持つスキル「グルンブレード+」を習得するため、最強クラスのキャラクターのひとりとされています。

そんなニノのおすすめ個体値は「速さ上げ、下げは守備面」です。

なぜそうなのかは、ニノの個体値の基準を確認し、ステータス上の考察とニノの戦い方を踏まえて、整理していきます。

 

目次

  

個体値の基準(☆5)

ニノの個体値の基準は以下の通りです。

 

レベル1の個体値

HP       16

攻撃      20

速さ      10

守備      1

魔防      7

 

レベル40の個体値(スキル込み)

HP       33

攻撃      46

速さ      36

守備      19

魔防      29

 

個体値の基準からみたニノの攻撃面

ニノの攻撃と速さは、全キャラクター中でもトップクラスの数値にまで成長します。

特に攻撃は、冒頭にも書いた「グルーンブレード+」により、自分に掛けられている強化分、数値をアップすることができます。つまり、味方に攻撃力をアップするスキルを持つキャラクターがいれば、その効果が二倍となります。

ニノの速さは、魔道士でありながら、飛行キャラクターよりやや劣る程度の数値です。

そのため、ニノは、魔法攻撃による広範囲攻撃と合わせれば、かなり早い段階で敵に攻撃を当てれることになります。また、自身がピンチになった場合も、速さを活かして安全な場所にまで素早く逃げることができます。

 

個体値の基準からみたニノの守備面

ニノの守備と魔防は、攻撃と速さが高い分、かなり低くなっています。ニノと相性が良い相手でも、一撃で倒されてしまうほどの低さです。

 

ニノの戦い方

ニノの戦い方は、攻撃と速さの高さを活かして、先に攻撃を当てることで自分が攻撃を受けないようにし、そして、速さを活かして逃げ回ることです。

もし、ピンチの時は、ニノが習得する「引き寄せ」で、壁役キャラクターを自分の近くにまで連れてきて壁になってもらうことが重要です。

この戦い方を主軸とするには、継承するスキルも攻撃と速さを上げれるものとすることをおすすめします(過去記事参照、ページ最下段にリンクあり)。

 

とは言え、ニノの守備面の低さはかなり不安な数値と言えます

しかし、ニノの役割は、攻撃の高さを活かして、チームに脅威を及ぼすキャラクターを一番に倒してしまうことです。

この役割を考えれば、チームに脅威を及ぼすキャラクターを素早く見極め、そのキャラクターを倒してしまえば、ニノがその後どうなってもある意味、結果オーライかもしれません。(投げやりな言い方かもしれませんが)

 

ニノのおすすめ個体値

以上を踏まえると、ニノのおすすめ個体値は「速さ上げ」です。

そして、下げのステータスは、防御もしくは魔防の「守備面」となっていることが理想です。

 

以上です。ご参考までに。

 

なお、ニノのスキル継承の考え方についても過去記事に記載しています。

よろしければこちらもどうぞ。

makiogames.hatenablog.com

 

【FEH】個体値:アメリアは「速さ上げ」

f:id:jazzresearch-skmt:20170825014010p:plain

ファイアーエンブレムヒーローズの記事です。

 

今回は、アメリアの個体値について整理します。

タイトルにも書いていますが、アメリアのおすすめ個体値は「速さ上げ」です。

なぜ「速さ上げ」なのかは、アメリアの個体値の基準を確認し、ステータス上の考察とアメリアの戦い方を踏まえて、整理していきます。

 

目次

  

個体値の基準(☆5)

アメリアの個体値の基準は以下の通りです。

 

レベル1の個体値

 HP       19

攻撃       20

速さ       8

守備       9

魔防       4

レベル40の個体値(スキル込み)

 HP       47

攻撃       48

速さ       34

守備       35

魔防      23 

 

個体値の基準からみたアメリアの攻撃面

 アメリアの攻撃と速さは全キャラと比較して、かなり高い部類に入ります。

攻撃の高さは、スキル「キラーアスク鍛+」の威力+14を追加することで、驚異的な数値となります。

そして、速さが高いことは、重装キャラクターである自分を壁として、前線に早い段階で押し上げることができるため、チーム全体が前に進みやすくなることに繋がります。そして、アメリアのスキル「重装の行軍」と合わせて、味方の重装キャラクターとともに前線に進めれば、相手にとってはかなりの脅威と言えます。

 

個体値の基準からみたアメリアの守備面

 HPと守備は、重装キャラクターであることもあり、高い数値となっています。そして、アメリアの奥義「聖兜」は、敵の攻撃を30%軽減する効果を持ちます。これにより、アメリアは壁役として優秀な性能を持っていることがわかります。

ただし、「アーマーキラー」や「貫きの槍」といった重装に効果のある攻撃をもつキャラクターには、注意が必要です。

なお、アメリアの魔防は、全キャラ中でもやや低い数値です。そのため、魔法攻撃を受けないように注意する必要があります。

 

※アーマーキラーを持つキャラクター:カザハナ、シーダ、ロビン、ルーナ

※貫きの槍を持つキャラクター:エスト、フロリーナ、オボロ

 

アメリアの戦い方

 アメリアのおすすめ個体値を考察するに当たり、まずはアメリアの戦い方を整理します。

アメリアは、重装キャラクターでありながら速さが高いことが特徴と言えます。そのため、速さを活かして、前線を押し上げることが役割となります。

ただし、アメリアの守備面には、魔防の低さなど、若干の不安要素があります。

これをカバーする意味でも、速さを活かしてできる限り前線に出て、持ち前の攻撃力で敵に大ダメージを与えていき、敵から攻撃される前に倒し切ることが重要となります。

 

アメリアのおすすめ個体値

 アメリアのおすすめ個体値は、アメリアの戦い方を踏まえると、「速さ上げ」となります。

なお、魔防の低さのフォローは、魔防が高い個体値を選ぶより、「遠距離攻撃」をスキル継承して遠距離攻撃に反撃できるようした方が、攻撃面の強さを押し出せるので有効と思います。

また、攻撃と守備は、習得するスキルにより補強ができるため、無理に個体値の高いものを選ぶ必要はないです。

 

 

以上です。ご参考までに。

 

なお、アメリアのスキル継承の考え方についても過去記事に記載しています。

よろしければこちらもどうぞ。

makiogames.hatenablog.com